スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2015/03/01 ゲーム会

 2015-03-01
Yshが途中参加のほぼ4人会

■スペキュレーション
スペキュレーション
【作者】ディルク・ヘン 【プレイ人数】3~6人 【ゲームシステム】株式取引

株式取引ゲームの中でも株の上昇下落が良く表現されてるというレビューを見てずっと気になっていたところ、最近国内ショップに入荷されていたので購入。

ゲームの大まかな流れは8つの会社で順位争いをしながら、高い順位ごとに価値の高くなる株券を安いときに買い、高くなったら売ることで差益を稼ぐこと。

推したい会社の価値を比較的狙ってあげていけるので、株の動きは主にプレイヤーの意志で決まるものの、プレイヤー同士の思惑のズレや各プレイヤーは山札が1順する間に必ず8社を1度は推さないといけない関係から、予想外な順位変動が起こることが多々あって、その辺りの不確定要素も実際の株取引っぽい動きをして面白い。

スペキュレーション プレイ1

・プレイ記録
ゲーム中盤まで最序盤に購入したビール会社(8位)の株券2枚を保持したまま停滞していたU1が後半盛り返して勝利。

がろう…$945 U1…$1050 AKT…$345 U1勝利 


タシュ=カラール(拡張あり)をプレイし始めたところ、Yshが到着したので中断、こちらはまたの機会に。

■ピットデラックス
ピット
【作者】不明 【プレイ人数】3~8人 【ゲームシステム】セットコレクション、同時アクション

プレイヤー人数と同数の種類(今回は4人なので4種類)のカードのうち、手札9枚をいずれか1種類に揃えること(独占)が目的。

それをリアルタイムで交換したい枚数を言ってプレイヤー同士交換を行う。

2枚!2枚!3枚!3枚!のように市場の競りのように掛け合うので、結構やりとりが熱い。そして独占したときに宣言するため鳴らすベルも含めて何かと騒がしいw

ルールは熊、牛カード抜きの基本のみでプレイ、250点以上になったプレイヤーの勝利、カードは種類によって得点が違うので、毎ラウンド4種類をランダムに選出で行う。

・プレイ記録
Yshが最初にどの種類のカード集めても勝てるリーチ状態になるも、U1がそれに追いつく。

AKTのゲーム終わるまでに独占してベルを鳴らしたいという願いもむなしくU1が4度目の独占に成功して250点超えして勝利。

がろう…135点 U1…305点 AKT…0点 Ysh…215点 U1勝利

■キングオブニューヨーク
キングオブニューヨーク
【作者】リチャード・ガーフィールド 【プレイ人数】2~6人 【ゲームシステム】ダイスロール

トーキョーのほうは何度かプレイ済みなのでインストは比較的すんなり、ただし途中まで破棄カードのルール間違え(即使用でなく保持していた)あり。

トーキョーと違って、他プレイヤーの怪獣に集中攻撃を受ける危険な中心地に立つだけでなく、建物破壊や軍隊破壊、狙って稼ぎづらかった得点目の代わりのスーパースターなどで勝利点を稼げるので状況に応じて(出目によるが)色んな戦略が取れるようになっている感じ。

・プレイ記録
スーパースター確保して点数を稼ぐ戦略に出たAKTがなぜか途中でHP0となり退場。

建物、軍隊を破壊しつくし得点を稼いだU1の勝利。

がろう…14点 U1…21点 AKT…0点(HP0で退場) Ysh…9点 U1勝利

ここでYsh帰宅。

■ルーニークエスト
ルーニークエスト
【作者】ローレン・エスコフィエール、デヴィッド・フランク【プレイ人数】2~5人 【ゲームシステム】ペイント

中央にステージ(面)が描かれたボードをセットして、各プレイヤーは手元で透明なボードに制限時間以内にそれぞれのステージでの目的(ミッション)に沿って、マーカーで線を引いたり丸で囲ったりする。

その後、順番に透明ボードを中央のステージに重ねて、描いた線がミッションをクリアできているかを確認する。

ステージには触れるとボーナスアイテムがもらえたり、次ステージでペナルティがつくものがあって、他プレイヤーの邪魔をすることが出来たりする。

・プレイ記録
お試しということでステージ1-1から1-6まで。

1-2時点でペナルティを受けずキレイに線を引いていくAKTが大きくリードし、以後のステージでバナナタイルなどのお邪魔タイル攻撃を集中して受ける。

1-6のボス戦、前ステージで利き手変更のペナルティを受けたがろうのペナルティタイルをタイル移動でAKTは押し付けられるも、左手できっちりボスと爆弾のイラストへの線を繋ぎ、差を縮まらせないままAKTが勝利。

がろう…25点 U1…29点 AKT…44点 AKT勝利

■スペキュレーション(2回目)
スペキュレーション プレイ2

AKTのリベンジ希望を受けて2回目、経験者向きの☆マーク面でのプレイ。

・プレイ記録
メトロとビールが出遅れ、その他6社が団子状態で進んでいくというどこが突然跳ね上がるか読みにくい展開に。

トップ株になる株をきっちり購入し、価格下落前に売り払って資金を確実に増やしたAKTがリベンジ成功。

がろう…555$ U1…675$ AKT…950$ AKT勝利
スポンサーサイト
カテゴリ :ゲーム会 トラックバック(-) コメント(1)
タグ :
コメント
スペキュレーション最高でした!まだまだヤリ込みたいです!
【2015/03/08 10:35】 | u1 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。