スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

幻獣屋物語 ゲーム紹介 (3/3)

 2016-11-06
幻獣屋物語の紹介(第3回、全3回)となります。

fc2blog_20161031065818f2f.jpg

その1→http://boardgamegathering.blog.fc2.com/blog-entry-82.html
その2→http://boardgamegathering.blog.fc2.com/blog-entry-83.html





いざ、決戦の地「神界への道」へ。


この場所の土地効果のうち、決戦を選択することで、ラスボスイザナミとの決戦が始まります!





決戦



開始時のパーティ



決戦ボード


決戦開始時のイザナミのステータスは、それまでの破滅フェイズにおいて破壊された世界の数だけ対応する値が減少しています。(体力は固定で14)






今回破壊されている土地は3つで、右上の手下の数は3、左下の物理攻撃力は4、右下の魔法攻撃力は7とまだまだ強力な力を持っていますが、果たして戦いの行方は・・・?


まず、イザナミ自身との戦いの前に能力値の手下の数だけ幻獣と連戦バトルを行います。


今回の手下の数は3なので、幻獣との3連戦、しかもこの手下は倒しても仲間にならず経験値を得ることも出来ません(´・Д・)



1体目の手下、火鼠


最後のパーティメンバー情報屋の魔法攻撃からスタートです。



魔法攻撃は互いの魔法攻撃値の高いほうから低いほうへの差分のダメージを与えるので、情報屋は火鼠に一方的に2ダメージを与えます。



勝利


バトルのたび、戦闘ステータスマーカーの移動「チェンジ」が行われるので、マーカーを次の仲間(この場合先頭の九尾)に反対面に裏返して置きます。






続けてイザナミの手下、第2戦。




出現した敵は白虎



物理攻撃はお互いに物理攻撃値の数値分ダメージを与えあうので・・・



白虎を倒すダメージを与えることが出来ず、次の狛犬にチェンジ



狛犬の魔法攻撃力は1ながら、白虎が0のため1ダメージきっちりと与えて撃破!



3体目の手下は鵺、物理攻撃なので白鐸が2ダメージ、鵺が3ダメージを与えあいます






残り体力のなくなった白鐸は戦闘不能に(´・Д・)

雷神にチェンジして魔法ダメージ1を与えますが、まだ鵺は倒せません。



さらに情報屋にチェンジしての物理攻撃、この結果両者相打ちとなり・・・






前哨戦である手下3連戦では、最後の鵺に2体やられて、戦闘マーカーは九尾に魔法面で置かれた状態に


そしていよいよ、イザナミとのバトル開始です(`・Д・)






九尾は魔法レベル4の補正に加えて、神器:鏡を持っています。


鏡はパーティの九尾を除いた仲間の数(戦闘不能も含む)に等しい魔法値の補正を得るので、九尾の魔法攻撃力は10!


イザナミの魔法攻撃力が7なので、差し引き3のダメージを与えます。






チェンジを行い、次は狛犬の物理攻撃。


狛犬は物理レベル2なので、合計5ダメージと大きな一撃をイザナミに与えます。



しかしイザナミからの攻撃は4ダメージ、ここで狛犬は戦闘不能に。



さて、ここでチェンジを行う前に薬草を使用して戦闘不能になっていた白鐸の体力を3回復しておきます。


バトルは魔法攻撃なので、一方的に差し引き4ダメージを受けるため、再び白鐸は戦闘不能になりますが、これも戦略のうち(`・Д・)






チェンジを行った雷神の物理攻撃によって、イザナミに3ダメージを与え、イザナミの体力は残り3・・・!


並び順では次は情報屋ですが、戦闘不能となっている場合はチェンジの順番が飛ばされます。


それによって・・・





九尾に魔法面の状態で置かれるようにチェンジが行われ再び魔法攻撃力10からの魔法ダメージ3をイザナミに与え、イザナミの体力は0に!


これによりイザナミ撃破となって、ゲーム終了となりました。



世界を救ったパーティ、薬草2つ残るも満身創痍



感想

強大なボスの存在、滅びていく世界と、協力ゲームのようなテーマでありながら、勝者は一人だけという点で、プレイヤー同士協力しなけらばいけない時や、出し抜くために邪魔しないといけなかったりとゲームが進むごとに状況が様変わりしていきます。


最初一匹でのスタートから仲間を増やして、育成要素も有りと1時間程度のプレイながらすごくRPGやった気分になれるはず。


独特な戦闘システムによるパーティ順、育成順、体力管理などの考えどころもあり、可愛らしいイラストや立体的なコマなど、コンポーネント周りもゲームの雰囲気作りに貢献している、よく出来たゲームですので、機会があれば是非プレイしてみてください。


以上、幻獣屋物語のゲーム紹介でした。


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://boardgamegathering.blog.fc2.com/tb.php/85-4f6350f6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。