スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2015/03/08 ゲーム会

 2015-03-08
いつもの3人会

■YOMI Complete Second Edition
YOMI 外箱
【作者】ディヴィッド・シーリン 【プレイ人数】2or4人 【ゲームシステム】同時公開

格闘ゲームをカードゲームにしてしまったゲーム。

2ndエディションでは1stの10キャラクターにさらに10キャラクター追加されて合計20キャラクターに。

キャラクターごとにトランプ(4スート各13枚+ジョーカー2枚)と同じ構成のデッキがあって、カードには能力などが設定されている。

打撃は投げに勝ち、投げは防御&回避に勝ち、防御&回避は打撃に勝つという3すくみの要素を基本に1ターンごとに互いに伏せたカードを公開して勝敗を決め、ダメージを与え合う。

かなりルール間違いをしたままプレイしていたので、色々メモ。

・戦闘フェイズに出した通常打撃が、戦闘に勝利するか、防御された場合、通常打撃を出した側は1枚ドローする。(エスケープフェイズのタイミングで引く)
・防御vs回避のとき、防御カードは手札に戻す。
・「戦闘中」能力のあるカードの能力は、手札から使うもの。
・J・Q・K・Aの打撃は偶数・奇数にならない(11≠Jの意味、アルガガーグのA防御は奇数として扱う)
・Face(絵札)カードはJ・Q・Kを指す、Aは絵札ではない(普通のトランプの考え方)

U1(ヴェンデッタ) vs AKT(ジャイナ) U1の勝利
がろう(グロリア) vs U1(ヴェンデッタ) がろうの勝利
AKT(ジャイナ) vs がろう(グロリア) AKTの勝利

■シカゴ証券取引所
シカゴ証券取引所 外箱
【作者】Pak Cormier【プレイ人数】2~5人 【ゲームシステム】株式取引、協調

毎手番に市場から2つの品のうち、片方を自分の手元に、もう片方を市場価値を下げることで最終的に手元に持っている商品価値の高いプレイヤーが勝利。

他プレイヤーが集めている品を集めて強調するか、逆に価値を下げて妨害するかの選択がゲームのキモ。

手番にはトレーダーコマを1~3歩動かす→コマの両端のタイルを上から1枚ずつ取る→片方を手元、片方を除外して価値を1つ下げるの繰り返しなので1回のプレイ時間が短く、ゲームがスイスイ進む。

シカゴ証券取引所 プレイ1

シカゴ証券取引所 プレイ2

1回目 U1…30点 がろう…32点 AKT…27点 がろう勝利
2回目 U1…21点 がろう…20点 AKT…32点 AKT勝利
3回目 U1…36点 がろう…36点 AKT…31点 U1、がろう勝利

■ウミガメの島
ウミガメの島 外箱
【作者】アレックス・ランドルフ【プレイ人数】2~7人 【ゲームシステム】ダイスロール、バースト、レース

ダイスを振って21マスあるボードを周回するごとに、中央にある得点カードをもらえる。

ダイスを1つ振ったらその数だけ移動、追加で2つめを振ったら出目の合計×2だけ移動、3つめを振ったなら×3移動、ただし出目の合計が8を超えたらペナルティとしてスタート地点に戻されてしまう。

移動先のマスに他プレイヤーのコマがあるとその上に乗ることができ、そのプレイヤーが移動するときは一緒に移動するうえに、2つ目以降のダイスを振るかどうかの決定権と、周回したときにもらえる得点カードは上にいるプレイヤーのものとなってしまうので、乗った乗られたによるドラマが度々起こる。

ウミガメの島 プレイ1

ウミガメの島 プレイ2

ウミガメの島 プレイ3
上画像の場合、出目が4で3つダイスを振っているので、12マス進めることができる

U1…27点 がろう…25点 AKT23点 U1勝利

■ムガル
ムガル 外箱
【作者】ミヒャエル・シャハト【プレイ人数】3~6人 【ゲームシステム】株式取引、オークション

U1…29点 がろう…30点 AKT…26点 がろう勝利
スポンサーサイト
カテゴリ :ゲーム会 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。